よりデザイン

ph デザイナーが撮る写真展

logo / graphic

学生時代の友人・後輩を中心に設立された写真展グループ『ph(ピーエイチ)』のロゴデザイン・デザインディレクション・グラフィックデザインを担当しました。また、出展者としても参加しました。

 

phの趣旨

phはもともと、大学時代の友人の「デザインと写真には何か共通項があるのではないか。デザインを学んだり仕事にしている人間が考え、撮影した写真を展示したら面白いのではないか」という発想から生まれました。私は設立メンバーとして運営に参画し、主にビジュアル面でのディレクションを担当しました。

 

名称・ロゴ

グループ名・展示名である『ph』は写真をあらわすphotographの最初と最後の2文字に由来し、この名称はメンバー内のコンペで私が提案したものになります。

ポスターやフライヤーなどのグラフィックにロゴとして用いた際に与える印象の強さや、一見では読めない単語であることによるコミュニケーションの誘発などを意図として含んでいます。ロゴは写真と併用する機会が多いと想定し、主張しすぎない一方で一定の存在感が出る設計を目指しました。

 

ビジュアル方向性の検討

ロゴ決定後はフライヤーなど印刷物のビジュアルの方向性を決めるコンペにも参加しました。
phは構想段階から「展示のテーマが点・線・面・色の四部構成とする」ことが決まっていたため、それを前提にした展開案を作成しました。

各回のテーマのモチーフとなる写真素材には強めの画像処理を施すことで、写真とグラフィックの間となる存在感を持ってもらうことを意図しています。また、モチーフを点線で囲むことにより各回のテーマを視覚的に表現しました。

この案が採用されたことにより、第1回目〜3回目では私が全体のデザインディレクションを、実制作は大学の後輩が担当する体制となりました。

クライアント
ph
期間
2014.09-2016.04
このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

その他のグラフィックデザイン

ph ポストカード

graphic